スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想;日本人の品格

今度から少し読書感想も入れようかなと思います。
かなり雑多ですが。皆さんの感想をお持ちしています。
さて、第1回目の読書感想は、

日本人の品格  
『日本人の品格  新渡戸稲造の「武士道」に学ぶ』 
岬 龍一郎 著 PHP文庫

「この本注文して。」と夫に言われて、岬龍一郎さんの本を2冊買いました。
国家公務員の研修なんかでも取り上げられているとか。
2冊中の1冊がこの本です。
日本人の品格というタイトルが、やや最近の「○○の品格」に乗っかった感じがしますが、内容は日本人の根底にある精神性が武士道にあるという事を述べられており、新渡戸稲造先生の「武士道」を引用しながら書かれています。
単純な私は「確かにそうかも」なんて思ってしまいました。義理人情や誠。情けのある人にあこがれますよね。実際は難しいけど、そういう孤高の人はやはりカッコイイ。
(ひゃくちゃんには武士道=ナルシストと一蹴にされたけど・・・)

江戸時代の武士は、今の公務員だった。
庶民の模範となる生活を送ることを求められていた。
算術は武士の勉強に入っていなかった。なぜなら算術に長けると正しいことができなくなるからなどなど。

この本。ぜひ今の政治家センセイや官僚に読んでいただきたいですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

東京に居ると義理とか人情とかそういう言葉を良く忘れます。
北海道に居た時は何故か義理とか人情とかを感じていた気がします。
そう考えると北海道は発展に追いつけない片田舎なんでしょうかねぇ
その文化を忘れる事は発展なのか退化なのかとか何故かそんな事考えてしまいましたw

義理、人情が発展の途中でなくなるとしたらそんな発展は何の意味もないでしょう。
高い精神性に支えられた科学が、真の意味での科学だと思います。
根っこがないと、天空の城ラピュタみたいになっちゃうよ。
プロフィール

山菜ざんまい

Author:山菜ざんまい
田舎暮らしを満喫しつつ、最期まで田舎で暮らし続けられる生活を模索中。転職して山菜採りにいけないのが悩みの種のおばちゃんのつぶやきです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。