スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイモン&ガーファンクル!やっぱり良かった!

土曜日にサイモン&ガーファンクルのコンサートに行ってきました。
サイモン&ガーファンクル

やっぱりすごい!
最後はスタンディングオベーション。立って拍手と「おーーー!」ていう声まで出ちゃった。
この二人の全盛期は、たぶん私の5つ年上の兄が高校生だった頃。
学生運動やヒッピー等が華やかなりし頃だったように思う。
私は兄とその友人が深夜ラジオを聴きながら語る話を横で聞いていたような。
どの曲も聴いた事のある大好きな曲ばかりだったから、涙が出そうだった。

やっぱり年をとると、今までの自分の生き方を振り返って、軌道修正したり、しばらく会っていない友人に無性に会いたくなったりする。そしてその人の良いところを再発見したり。
私が今、こうやって「いなかろほ」を書いているのも、人生の振り返りと軌道修正の一つなのかも知れないなぁ。
スポンサーサイト

今年のそば祭りも、アレやります!

今年のそば祭りは、9月5日(土)~6日(日)と開催です。
昨年は皆で「きゅうりぼーの店」を出店。
「きゅうりぼー」と「川エビのかき揚げ」、「生ビール」の販売をしましたが、この前の作戦会議で「今年もやろうや。」と言うことになりました。

そこで、本日早速売り物の川エビを獲りに行きました。
少し奥地に入って、さあ獲るぞ!!と意気込んで川に向かうところです。
川に向かいます

でも、水量が多くて、ここでの捕獲は断念。
場所を替えて再度チャレンジです。
川エビ獲りは「追い込み漁」の方法をとります。
まず、網に向かってバシャバシャとエビを追い込みます。
追い込み開始

さあ入れ~

川エビ

ちょっと見づらいけど、真ん中にある透明の川エビわかります?
それをバケツに移して、次の追い込み漁に移ります。
何回か繰り返して、クーラーボックスに半分ぐらい獲れました。
藻等を取り除いて、9月のそば祭りまで冷凍保存します。
皆さんに沢山食べてもらえるように、これから何回か獲りに行ってきますので、そば祭りの時はゼヒ食べに来てくださいね。

おまけ
師匠が4人分の胴つきを用意してくれたんだけど、なぜか私のは水が入ってきて、靴下がベチョベチョ。蕗採りの時といい、水と縁があるのかしら??
「田舎暮らしは簡単ではないぞ。」と言う星一徹なみの師匠の愛のムチかも??
星一徹が分かる人。同年代ですね(笑)

山菜は少し休憩

7月に入ってので、山菜はしばし休憩です。
その代わり、お母さんの畑で少しづつ収穫があります。
今回は、畑で採れたイチゴを使ってジャムを作りました。
いちご
ヨーグルトにかけるので、少しゆるめに作りました。
結構いけます。(たぶん)
昨日から寒い日が続いて、農作物や山菜の出来が心配です。
暖かくなってほしいなぁ。

さて、我が家に毎年咲いているピンクの花が今年も咲きました。
なんと言う花なのか分からないけど、小さなピンクの花が好きで、これが咲くと「あー夏だな。」と思います。名前知っている方は教えてください。
庭の花

少し前はしゃくやくもきれいに咲いていました。
シャクヤク

「立てばシャクヤク、座ればボタン。歩く姿はゆりの花。」とは、美人を表現したものですが、シャクヤクは本当にきれいな花です。でも、アリがすごくて・・・。
ボタンにあまりアリがつかないから、甘い蜜があるのかもしれないなぁ。

東京旅日記~東京見物と言えば・・・

先週の土曜日から月曜日とお仕事で東京に行ってきました。
いなかろほ出身者がふるさと会を作っていて、年1回の総会には町から5名が出席し、特産品を販売したり、ふるさとの応援をお願いしたりするものです。
今年は、ふるさと納税のお願いを町長がして、反響がありました。
何らかの形でふるさとを応援したいという皆さんの熱意のような物を感じました。ありがたいです。
ふるさとから離れていても、こんな応援の仕方がありますよ。
興味のある方は、お問い合わせください。資料送ります。

さて、お題目の「東京見物と言えば・・・」に話を戻します。
東京見物と言えば・・そうやっぱり「はとバス」と「皇居見学」でしょう。
と、言うことで、空き時間にはとバスツアーと皇居見学をしました。
ホテルが東京駅周辺だったので、移動時間も少なく、なかなかの旅程と自己満足しております(笑)
はとバスツアーは夜の部で、「ニューハーフと行く世界のバイキングと六本木香和」のコースです。
バイキングはイマイチだったんですが、香和のそらさんがバスに乗車して楽しいお話を聞きながらお店に移動。舞台がすごくてすばらしかったです!!
舞台は撮影禁止なので、皆さんにこの感動を伝えられないのが残念です。
すっごくヨカッタよね。ケント。

最終日は、皇居参観です。
インターネットで申し込みをすると、皇居敷地内を見学できるというものです。
約1時間、説明員の方のお話を聞きながら、敷地内を見学します。
まず、皇居桔梗門前から人数、氏名を確認して入ります。
皇居桔梗門前

休所でビデオ上映があり、いざ出発。外国の方も結構いました。
富士見やぐらは江戸時代のもので、将軍達がここに立って江戸の町や富士山を眺めたらしい。
地震も戦災も逃れて、こうやって立派に現存しているのはスゴイですね。
富士見やぐら

そして、庭。
当日も庭師の方が、手作業で手入れしていましたが、中央の丘の様に見える物は、何百本もの木を寄せて作った巨大盆栽??の様なもので、高さが6mもあるそうです。
日本の庭師の技術はスゴイですねぇ。でも、広大な土地がないと作れませんね。ちなみに手前に広場があるんですが、これはお正月の一般参賀の時に皆さんが集まって国旗を振ってる広場です。地下は駐車場だそうです。国賓が来たときに使用するんでしょうね。皇居の庭

以上、東京旅日記でした。
今度東京行くのはいつかな。
ケントの卒業式かも。
プロフィール

山菜ざんまい

Author:山菜ざんまい
田舎暮らしを満喫しつつ、最期まで田舎で暮らし続けられる生活を模索中。転職して山菜採りにいけないのが悩みの種のおばちゃんのつぶやきです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。