スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO LIMIT


今、栗城史多くんのこの本を読んでます。
以前から経過を見ていた卵巣嚢腫の手術を明日に控え現在入院中。暇をもてあましブログに記事を書く事にしました。
昨日入院して既に一冊本を読み終え、栗城くんの本を読み直しています。
なんか、しみじみ生かされている事に感謝です。甘いとかチャラいとか言う人もいるかも知れないけど、なんか昔読んだマンガの主人公の行動力を思い出すなぁ。やっぱり、出来るか出来ないかではなく、やりたいかやりたくないかだ。すべてはそこから始まる!
スポンサーサイト

読書感想文;告白

春も近いし、テンプレートを目に優しいグリーン中心に変えました。
少し大人を意識してみました(笑)

今回の読書感想文は「告白」です。
IMG_0322.jpg

最近、通風の山ちゃんの影響で図書室で本を借りることを覚えました。
その、山ちゃんのお勧めで、2月に読んだ本です。
最初読み出した時は、短編小説かな?と思ったんだけど、登場人物それぞれの視点から話が構成されていて、最後に結末が分かるというもので、読みやすくて2~3日で読めました。
プールで事故死したと思われていた娘が実は担任のクラスの子供に殺されていたと言うことを知った教師が、ある方法でその子供に復讐をするというものです。
興味のある方は、ぜひ読んでみてください。
そして感想をコメントしてくれると嬉しいです。私の浅ーい感想を補ってください。

読書感想;日本人の品格

今度から少し読書感想も入れようかなと思います。
かなり雑多ですが。皆さんの感想をお持ちしています。
さて、第1回目の読書感想は、

日本人の品格  
『日本人の品格  新渡戸稲造の「武士道」に学ぶ』 
岬 龍一郎 著 PHP文庫

「この本注文して。」と夫に言われて、岬龍一郎さんの本を2冊買いました。
国家公務員の研修なんかでも取り上げられているとか。
2冊中の1冊がこの本です。
日本人の品格というタイトルが、やや最近の「○○の品格」に乗っかった感じがしますが、内容は日本人の根底にある精神性が武士道にあるという事を述べられており、新渡戸稲造先生の「武士道」を引用しながら書かれています。
単純な私は「確かにそうかも」なんて思ってしまいました。義理人情や誠。情けのある人にあこがれますよね。実際は難しいけど、そういう孤高の人はやはりカッコイイ。
(ひゃくちゃんには武士道=ナルシストと一蹴にされたけど・・・)

江戸時代の武士は、今の公務員だった。
庶民の模範となる生活を送ることを求められていた。
算術は武士の勉強に入っていなかった。なぜなら算術に長けると正しいことができなくなるからなどなど。

この本。ぜひ今の政治家センセイや官僚に読んでいただきたいですね。

プロフィール

山菜ざんまい

Author:山菜ざんまい
田舎暮らしを満喫しつつ、最期まで田舎で暮らし続けられる生活を模索中。転職して山菜採りにいけないのが悩みの種のおばちゃんのつぶやきです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。